リアップとチャップを徹底分析!

リアップとチャップアップ、良い育毛剤はどっち!?

良い育毛剤を探していてリアップとチャップアップに辿り着き、この2つでどちらを買うべきか悩んでいる男性は多いことでしょう。
リアップかチャップアップかを選ぶ上で比較したいのはやはり第一に効果と成分、そして値段、最後に副作用に関してでしょう。

当サイトではリアップとチャップアップを実際に使用したことのある男性の評価と、毛髪科学を基にした内容成分の分析を比べてみて、リアップとチャップアップではどちらが優れた育毛剤なのかを解説していきます。
お値段が高い育毛剤選びで失敗しないためにも、リアップとチャップアップを徹底的に比較してみましょう。


リアップとチャップアップの内容成分と効果・効能


リアップの内容成分と効果・効能
  • ミノキシジル…血管の拡張による血行促進
  • ピリドキシン塩酸塩…皮脂の過剰な分泌を抑制
  • トコフェロール酢酸エステル…皮脂の酸化防止による頭皮の保護

チャップアップの内容成分と効果・効能

  • オウゴンエキス…別名脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストロンをブロック
  • M-034…毛根上部の活性化
  • センブリエキス…血行促進や細胞分裂の促進
  • グリチルリチン酸…皮脂の酸化防止による頭皮の保護

上記はリアップとチャップアップの主要な有効成分になります。
中でも大きく薄毛予防や育毛に関係してくる成分は、リアップならミノキシジル、チャップアップならオウゴンエキスになります。


リアップは壮年性脱毛症に効く!

薄毛には様々な原因とパターンがありますが、老化や遺伝によるものを壮年性脱毛症と呼びます。
これは血行不良が主な原因となり、髪の毛を成長させる毛母細胞へ栄養や酸素が行き届きにくくなることで起こる脱毛です。

リアップに含まれるミノキシジルは血管を一時的に太く拡張させることで、毛母細胞へ栄養や酸素を送り込みやすくします。
つまりリアップは壮年性脱毛症の改善に効力のある育毛剤です。

ただしリアップのミノキシジルは、もともとは高血圧の患者さんが血圧を下げるために開発されたものなので、その効果は強く副作用のリスクも伴います。
しかしそのぶん血管の拡張作用は著しく、毛母細胞の活性化を期待できます。


チャップアップは男性型脱毛症に効く!

老化や遺伝による壮年性脱毛症に対して、男性ホルモンの一種であるテストステロンによる脱毛症を男性型脱毛症(AGA)と呼びます。
薄毛やハゲに悩む男性の大半は男性型脱毛症という専門家の意見もありますが、もちろん人によって原因はそれぞれで、壮年性と男性型の両方が原因となっているケースも考えられます。

チャップアップに含まれるオウゴンエキスには、男性型脱毛症を防ぐ働きがあります。
男性ホルモンの一種であるテストステロンは、体内にある5αリダクターゼ(酵素)と結合することで、ジヒドロテストロンへと形を変えます。

ジヒドロテストロンは別名脱毛ホルモンと呼ばれていて、これがハゲの直接の原因をつくっています。
チャップアップに含まれるオウゴンエキスには、5αリダクターゼを抑制して脱毛ホルモンの生成を阻止する働きがあります。


リアップかチャップアップかは抜け毛の原因による

お気付きの方もいらっしゃるでしょうが、リアップとチャップアップのどちらが薄毛対策や育毛に効果があるのかは、その方の抜け毛の原因によります。
リアップは壮年性脱毛症に効いても男性型脱毛症には効果がありませんし、チャップアップは男性型脱毛症に効くけど壮年性脱毛症には効果がありません。

それでは壮年性脱毛症か男性型脱毛症かを見分ける方法はあるのかというと、それは専門医でも難しいことになります。
よってリアップかチャップアップのいずれかを一定期間使ってみて、発毛や抜け毛の減少の具合で見極めるのが最も確実です。

リアップであれば最低4ヶ月以上、チャップアップは最低1ヶ月以上の使用で効果が現れはじめます。
男性型脱毛症の方が数が多いことや改善の早さからすると、チャップアップを先に使ってみて効果が無ければリアップというのがスムーズです。

以上のことから、リアップとチャップアップでは抜け毛や薄毛の原因によって効果が変わってくるので、どちらの方が優れているとは言えないということになります。

チャップアップ公式サイトはこちら




リアップとチャップアップ、安いのはどっち!?



リアップとチャップアップの成分比較では、薄毛に対する効果において優劣はありません。
それなら少しでも安い方がいいんじゃないかと考える方もいらっしゃるでしょう。

リアップは定価で7611円(税込み)になりますが、ネットで格安購入すれば消費税と送料込みで7300円程度と少しだけ安く買うことができます。
それに対してチャップアップはネットやディスカウントショップでの取り扱いは無く、チャップアップの公式通販サイトのみでの販売となります。

お値段の方は消費税と送料込みで8060円ですから、チャップアップの方がリアップよりも760円高いということになります。
しかしリアップとチャップアップのコストパフォーマンスを比べるのであれば、単純に単価だけでは比較できません。

リアップは製造元である大正製薬が、発毛・育毛効果を実感するまでに、最低でも4ヶ月の使用を推奨しています。
それに対してチャップアップの方はと言うと、公式販売サイト上で最低でも1ヶ月の使用と説明されています。

先の項目でもご説明したように、リアップとチャップアップは抜け毛や薄毛の原因によって、効果があるかどうかは変わってきます。
仮に薄毛の原因が違うもので効果が無かった場合には、早く効果を見極められるチャップアップの方がコストパフォーマンスが高いと考えられます。

さらにもう一点、リアップとチャップアップのコストパフォーマンスを比較する上で避けられないのは返金保証の有無です。
チャップアップを使用して効果を感じられなかった場合、チャップアップの購入後1ヶ月以内であれば返金してもらうことができます。

返金保証はリアップには無いサービスですが、育毛剤メーカーによっては導入しているところもあります。仮に薄毛に対して効き目が無かった場合でも、チャップアップであれば全額返金してもらえますからリスク0で試すことができます。これら全てのことを踏まえると、単価ではリアップの方が若干安いと言えど、コストパフォーマンスという意味ではチャップアップの方がリアップよりも優れていると言えます。

チャップアップ公式サイトはこちら




リアップとチャップアップの副作用

植毛や専門クリニックでの治療をはじめとして、あらゆる薄毛治療には副作用が付き物ですが、それは育毛剤にも言えることです。
リアップに含まれているミノキシジルは副作用の強い成分として有名ですし、リアップ製造元の大正製薬もそのことを認めて注意書きとして明記しています。


リアップに同梱されている注意書きにある副作用は、過去にリアップ製造元である大正製薬にも報告が多かったものになります。
特にかゆみ・ふけ・心拍が速くなるの3つの副作用は、リアップに非常に多いようです。

しかしリアップにはそれ以外にも警戒すべき副作用がいくつかあります。
一つは精力減退と勃起不全ですが、強い作用の育毛剤にはよく見られる副作用です。
薄毛をケアするためにリアップを使った結果、勃起不全になってしまうのはナンセンスですね。

そしてリアップのもう一つの重大な副作用が胎児への影響です。
専門家の中には、リアップに含まれるミノキシジルは、奇形児の出産率を高めると考える方もいらっしゃいます。

勃起不全や胎児への影響はリアップとの因果関係がはっきりしない部分がありますが、可能性がある以上は注意しておく必要があります。
それに対してチャップアップは、今のところ副作用の報告というのは無いようです。

チャップアップの有効成分はそのほとんどがオーガニックな天然成分になります。
あらゆる育毛剤と比較しても、チャップアップは安心度が非常に高い育毛剤だと言えます。

チャップアップ公式サイトはこちら




リアップとチャップアップ、選ぶべきは…

リアップとチャップアップは薄毛の原因によって効果の有無が変わってくるので、成分や効果については五分五分と言ったところでした。
しかし、世の中の薄毛やハゲに悩む男性の多くは男性型脱毛症であること、返金保証を含むコストパフォーマンス、そして安全面の3点において、リアップよりもチャップアップの方が優れていることが分かりました。

リアップとチャップアップのどちらを選ぶべきかお悩みであれば、まずはチャップアップを試してみるというのが最も賢い選択であるということが分かりました。